Browse Syllabus

Subject An Introduction to Information Science A 
Day/Period/Place Spring Semester Tue 1 情報教育実習室 M104
Categories -Information Sciences 
Credit(s)
Object 文(1、2組) 
Instructor (Position) 全 眞嬉 所属:情報科学研究科 
Term 1セメスター 
Course Numbering ZCI-OIN101J 
Language
Used in
Course
Japanese



Class
Subject
情報基礎A
Information Science Basics A 
Object and
Summary
of Class
情報の科学と技術からのアプローチにより、大学生としての基本的なアカデミック・ スキルを獲得するとともに、情報社会の責任ある市民としてのソーシャル・スキルを獲得する。

An introductory course to acquire the university-level academic skills through information science and technology, as well as the social skills required to be a responsible citizen in the information society. 
Goal of
Study
情報技術を活用した基本的な知的生産活動が可能になること。
コンピュータサイエンスの手法による論理的思考・問題解決ができるようになること。
データ駆動社会にあって、大きなデータと統計量の適切な取扱いができるようになること。
情報社会の一員として責任を自覚し、情報の科学・技術と人間との関係に問題を発見できるようになること。

Successful course participants will learn
to utilize the information technology for intellectual and productive activities,
to find ways to solve problems logically in terms of computer science,
to handle big data and statistics appropriately in the data-driven society, and
to raise awareness about the modern issues of science and technology in the information society as a responsible citizen. 
Contents
and
Progress
Schedule
of the Class
01. オリエンテーション (個人用パソコン,「東北大ID通知書」を使用予定)
02. イントロダクション
  基本的事項・システムの使い方とサイバーセキュリティ
03. ソーシャル・スキル
  情報社会における責任(その1)
04. ソーシャル・スキル
  情報社会における責任(その2)
05. アカデミック・スキルI
  情報技術による知的生産の基本(その1)
06. アカデミック・スキルI
  情報技術による知的生産の基本(その2)
07. アカデミック・スキルI
  情報技術による知的生産の基本(その3)
08. アカデミック・スキルII
  コンピュテーショナル・シンキング(その1)
09. アカデミック・スキルII
  コンピュテーショナル・シンキング(その2)
10. アカデミック・スキルII
  コンピュテーショナル・シンキング(その3)
11. アカデミック・スキルIII
  データ・リテラシー(その1)
12. アカデミック・スキルIII
  データ・リテラシー(その2)
13. アカデミック・スキルIII
  データ・リテラシー(その3)
14. アカデミック・スキルIII
  データ・リテラシー(その4)
15. 要点の整理とまとめ

01. Orientation (will use your own computer and the notification letter of Tohokudai ID)
02. Introduction
Basics usage of information systems and cyber security issues
03. Social skill
Responsibility in the information society (part 1)
04. Social skill
Responsibility in the information society (part 2)
05. Academic skill I
Basics of intellectual production assisted by information technology (part 1)
06. Academic skill I
Basics of intellectual production assisted by information technology (part 2)
07. Academic skill I
Basics of intellectual production assisted by information technology (part 3)
08. Academic skill II
Computational thinking (part 1)
09. Academic skill II
Computational thinking (part 2)
10.Academic skill II
Computational thinking (part 3)
11.Academic skill III
Data literacy (part 1)
12.Academic skill III
Data literacy (part 2)
13.Academic skill III
Data literacy (part 3)
14.Academic skill III
Data literacy (part 4)
15 Key points and conclusions 
Evaluation
Method
複数回のレポートを課し、また授業でも確認問題を出題する。これらを総合して、成績評価を行う。

Evaluation is performed comprehensively based on exercises from the lecture and homework assignments. 
Textbook
and
References
No Title Author Publisher Year ISBN/ISSN Classification
1. 『コンピュテーショナル・シンキング』  磯辺秀司, 小泉英介, 静谷啓樹, 早川美徳  共立出版  2016    参考書 
2. 『情報倫理ケーススタディ』  静谷啓樹  サイエンス社  2008    参考書 
URL
Preparation
and Review
授業で示す課題に取り組み(プログラムの作成を含む)、指示された方法で提出すること。

Homework assignments (including computer programming) are given. 
Practical
business
〇 
In Addition
初回の講義には「東北大ID通知書 (東北大ID,サブID,学外サービス用IDが記載された通知書)」も使用する予定.

We will also use the notification letter of Tohokudai ID, which includes Tohokudai-ID, Campus Wi-Fi ID, and G Suite, for the first week of the lecture. 

One-credit courses require 45 hours of study. In lecture and exercise-based classes, one credit consists of 15-30 hours of class time and 30-15 hours of preparation and review outside od class. In laboratory, practical skill classes, one credit consists of 30-45 hours of class time and 15-0 hours of preparation and review outside of class.





PAGE TOP